やなしおの道コース

やなしおの道コース

所要時間

約4時間分

見どころ

「やなしおの道」は1354年(正平9年)の文書にも記されるほど古い銀山街道です。 毛利・尼子の銀山を巡る戦いでは芸州からの攻路として用いられた道であり、また徳川時代には石見銀山の灰吹銀を大森から尾道へと運ぶ重要なルートでもありました。 「箱茂の松」「十王堂跡」「土橋」「版築工法」など様々な史跡やそれにまつわる伝承が残っていて約7.2kmほどの街道の景色にも恵まれウォーキングには最高の場所です。

ガイドからひとこと

石見銀山には鞆ヶ浦街道と温泉津・沖泊街道がありますが、これらは海を利用して銀を運びました。江戸時代になってより安全な陸路輸送ということで、初代奉行である大久保長安が官道として整備しました。尾道ルートとも言われ、その一部としてやなしお道があります。約7.2km尾根道を歩きますが三瓶山の眺望は疲れを癒してくれます。この道は版築工法や史跡としての価値のある一里塚跡、最大の難所であるやなしお坂があります。この坂は標高250m付近から16か所のつづら折りを下ります。あまりにも急な坂が往来する人々や牛馬を苦しめたため、荷役には割増賃金(一人10文)が支払われました。春は山野草、秋は街道筋にきのこが沢山確認できます。四季を通じてウォーキングには最適な街道と言えます。

銀山公園

各コースの出発点です。石見銀山ガイドの会の事務所もあります。

やなしお道入口

この場所の近くには、米とぎ橋、馬場の前や毛利と尼子の戦った古戦場があります。

十王堂跡

周囲を竹林に囲まれているこの場所は銀山街道と石見一宮物部神社に向かう往還との交差点、当時は行き交う人々で賑わっていました。当時この場所には十王と六観音を安置した小堂が建てられていました。現在は、別府八幡宮に保管されています。また、竹林の道は「版築工法」により作られ美しい竹林としてやなしお道のポイントでもあります。

七本槇別れ

(しちほんまきわかれ)
七本槇分かれ 石見銀山から約11kmの地点。振り返ると大江高山を望むことができます。このあたりは、太古の時代、湖沼であったともいわれています。生活道路が唯一走っています。

一里塚跡

石見銀山から3里の位置。一里塚のあった場所で「一里塚上」「一里塚下」などの字名が残っています。一里塚の松は大きな黒松でした。現在は切り株だけが残っています。一里塚の整備は江戸時代、慶長9年2月4日、江戸幕府は日本橋を起点として全国の街道に一里塚を設置するように指令され、大久保長安(石見銀山初代奉行)の指揮のもと行われ10年ほどで完成しました。一里塚には榎、松などが植えられています。

三瓶山展望所

三瓶山を南西方向から眺めることができます。別名石見富士とも言われています。左から、男三瓶(1126m)、手前に子三瓶(961m)、右に孫三瓶(907m)を望むことができ、天気のいい日にはすばらしい眺望の場所で休憩する場所として最高で疲れも吹っ飛びます。

やなしお坂

三瓶山展望所を過ぎると、やがて志君川に向かって下るつづら折り(16か所)の急坂にさしかかります。標高250mあたりから一気に下るこの坂は「やなしお坂」と呼ばれ、往来する人々や牛馬を苦しめた銀山街道の大難所でもありました。このことからも、荻原から小原(現在の粕淵)までの人馬賃は本馬一頭152文、人足一人76文と決められていました。嘉永7年(1854)の「御用伝馬人足継立定書」には、この坂が難所であるため、この坂を通る荷役には10文の割増賃金が公認されていたことが示されています。

小原河原

銀輸送の一行は、ここの小原河原で別の牛馬に灰吹銀の付け替え、昼食休憩した場所。当時は2町歩の広さの河原だったそうです。この河原には付替えのため1000人近い人々、多くの牛馬が集まり、その光景は想像するだけでも壮観ではなかったかと思われます。

銀山公園


Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換